最近、宮城さい帯血バンクの経営危機が報じられています。全国のさい帯血移植システムを統合する何らかの仕掛けと、さい帯血移植の診療報酬点数の倍増が必要であると考えます。

ログインして全文を読む