4月1日、日本医師会会長選挙が行われ、茨城県医師会長の原中勝征氏が、第18代会長に選出されました。森洋一氏(京都府医師会長)、唐澤祥人氏(前日医会長)を僅差で破っての当選でした。多くのメディアは、このことをトップで扱いました。確かに、日医は自公政権を支えた代表的な業界団体で、政権交代後の対応に多くの国民が関心を持っていました。

日本医師会会長選挙を振り返るの画像

ログインして全文を読む