来年度の診療報酬改定率をめぐる駆け引きが激しくなっている。財務省主計局は(どこまで本気かは分からないが)あくまで医療費の配分の見直しによって財源を捻出し、全体としては医療費の伸びを大きく抑制しようとしている。しかし、すでに多くの医療関係者が警鐘を鳴らしているように、それでは現下の「医療崩壊」と言われている状況を解決することはできない。むしろ百害あって一利なしである。

ログインして全文を読む