10月16日に発表された新型インフルエンザA(H1N1)ワクチンの臨床試験中間報告、および同日行なわれた専門家会議での合意事項に対して、以下に私見を述べる。本試験は20歳から59歳までの200名の健常成人を対象に行なわれた。15μg1回接種群で、HI抗体価40倍以上の人が96人中75人(78.1%)おり、そのほとんどが接種前に比べて抗体価が4倍以上上昇している。

新型インフルエンザA(H1N1)のワクチン接種回数に関する意見の画像

ログインして全文を読む