理念からは、できる限り内部委員のみで構成することが好ましい。管理者自身もケースバイケースではあるが、内部委員から一律に排除すべきではない。ただし、管理者が委員になると、開設者と同様、病院経営が優先されて、患者に不利な、あるいは、医療従事者に不利な方向のバイアスが働く可能性がある。

ログインして全文を読む