院内事故調査委員会は法と医療の矛盾が表れる場所である。このため、ときに委員会そのものが、二次的紛争を惹起する。本来、院内事故調査委員会は、当該病院内部の医療事故や有害事象についての科学的認識をめぐる自律性の確立と機能の向上を理念とすべきである。

「院内事故調査委員会」についての論点と考え方(1)の画像

ログインして全文を読む