今春の新型インフルエンザ騒動は、医療関係者に危機管理について課題を突きつけました。2009年5月、関西地区で献血者数が34%も減少したのです(朝日新聞 2009/5/23)。これは新型インフルエンザの感染拡大により外出を控える人が増え、献血が減ったことが原因でした。

新型インフルエンザと輸血の問題をもっと議論しよう―日赤プレスリリースに思うこと―の画像

ログインして全文を読む