厚労省医療安全推進室長佐原康之氏が、「診療関連死の警察への通報範囲研究班」の報告会で挨拶し、“医療事故調査と責任追及とは完全に切り離すべきという意見は、生理食塩水と間違えて消毒薬を静脈内に注入したことが明らかになった場合でも、調査結果と責任追及は無関係だという主張になり、それはプロとしての責任逃れだ”と話したと報道されている。今回は医療者の責任と医療事故調というテーマで考える。

医療者の責任と医療事故調の画像

ログインして全文を読む