現在の医療危機は「立ち去り型の医療崩壊」といわれている。勤務医が立ち去るため、病院の医療がなり立たなくなるのである。勤務医立ち去りの直接原因は、肉体的には過重労働・過労死の危険であり、精神的には医療ミスへの恐怖、および患者・家族からのクレーム・訴訟、検察の介入による精神的ダメージである。

医療再生の具体策についての画像

ログインして全文を読む