この度の新型インフルエンザ問題は、輸血製剤など医療に必須の医薬品が非常事態には安定供給されない懸念が、現実のものになりうることを示しました。我々医療関係者は、医薬品の安定供給に関する危機管理体制を早急に確立するため、議論を始める必要があります。

日本で輸血ができなくなる日―新型インフルエンザ問題から学ぶ危機管理の画像

ログインして全文を読む