5月27日現在、兵庫・大阪における渡航歴と関係のない新型インフルエンザ発生は一応の収束に向かいつつあるようだ。今週からほとんどの学校での授業が再開された。各地での新たな患者発生や秋以降に予想されている第2波、第3波に対して、医療者はどう備えるべきなのか。

兵庫・大阪の新型インフルエンザ騒動から何を学ぶか―PCR検査をめぐる迷走―の画像

ログインして全文を読む