先日、慢性骨髄性白血病の話を、患者の方々から伺いました。原因不明で誰でもなる可能性があり、全国で8千人ほど患者さんがいらっしゃいます。以前は造血幹細胞移植しか助かる道がなかったのですが、2000年に登場して日本でも翌年から使われ出した薬「グリベック」で事態は一変。薬が効かなくならない限り何年でも健常者と変わらない生活を送れるようになりました。

保険適用を決めるのは役所ではなく国民ですの画像

ログインして全文を読む