国民や医療者は、新型インフルエンザ(インフルエンザA型H1N1)の警戒水準が短期間に「フェーズ5」に引き上げられ、温暖化とグローバル化による新興感染症の脅威が急速に拡大することを強く認識したのではないでしょうか。医療現場はただでさえ人手不足で、限界の状態にあるのに、ゴールデンウィーク期間においても、その行動計画に則った水際阻止と封じ込めの対策に追われています。

新型インフルエンザパンデミックの脅威と輸血の安全性の画像

ログインして全文を読む