去る4月14日、参議院厚生労働委員会で、勤務医の労働環境に関して質問をさせていただきました。勤務医の労働環境といえば、先立つ3月下旬、愛育病院が労働基準監督署の査察・是正勧告を受け、夜間の常勤医確保が困難であることを理由に総合周産期母子医療センターの指定返上を都に打診したことは、皆様ご記憶に新しいかと思います。

パンドラの箱を開けるのは今―宿直問題は国民的議論の入口にすぎません!の画像

ログインして全文を読む