09年1月末、米国東部の医療機関における医療事故の初期対応や医療訴訟の状況、並びに医師賠償責任保険の実態などにについて見聞してきたので、その概要についてご報告したい。(通読頂くのに20分程度かかることをお許し下さい)最初にお断りとなるが、2月12日MRIC 臨時Vol.25の中で、森臨太郎氏が仰るように「海外の医療の紹介は役に立つのか?」の疑問については、私も全く同感だ。

米国医療訴訟見聞記(NY編)の画像

ログインして全文を読む