2月18日、厚生労働省と文部科学省の検討会で「新医師臨床研修制度」見直しの最終報告がまとめられました。その席で舛添要一厚労相は、「最大の問題は、国家の統制がどこまで許されるかということ。憲法のことを言えば、職業や住居選択の自由もある。(中略)統制はできるだけ避けたいが、どこまで国民が納得できるか」と述べました。

ログインして全文を読む