昨年12月、突然届いた一枚のFAXにより、医療現場は騒然となりました。骨髄移植に不可欠な医療器具である骨髄フィルターの供給停止の知らせでした。送り主は、器具を日本で唯一扱うバクスター・ジャパン社です。

問われているのは、経済危機下における医薬品供給の安全保障の画像

ログインして全文を読む