来る4月11日、閉塞的な医療の現状を打破するべく「医療志民の会」が発足いたします。目指しているのは、人びとが健康に恵まれ、安心して暮らせる医療制度の構築です。それには、医師、患者、政治家など、様々な立場の人々が議論し、協力できる“開かれた場”が必要です。同会はこの開かれた場として、社会に情報発信および政策提言を行っていくために活動を開始いたします。

「静かなる自殺」を防ぐためにの画像

ログインして全文を読む