厚生労働省の「診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会」が2007年に開始されてから多くの議論がなされ、収束する様子には見えない。この検討会の議論と平行して、個別の医療機関の院内医療事故調査委員会の役割や位置付けが、各々でどのように考えられてきたのかは分からないが、前記の検討会と関係して、厚生労働科学研究「院内事故調査委員会の運営指針の開発に関する研究」が現在進行中と言われている。

院内医療事故調査委員会の問題点の画像

ログインして全文を読む