先般、MRIC臨時号vol.45において「異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟が発足しました」として、議連の検討経緯等について情報提供を行った。その直後に、MRIC臨時号vol.46にて「後出しじゃんけんを法律で認める国」として医療制度研究会・済生会宇都宮病院の中澤堅治先生が、明示的ではないがおそらく本議連のことと思われる活動について、批判的に記事を書かれている。

異状死議連に関する誤解を解くの画像

ログインして全文を読む