日本国民が受ける医療の質は、自身の留学経験、国際学会出席の経験や、WHO(世界保健機関)のデータからみると、国際基準より遙かに質が高い。この場合の医療の質とは、医療が介入しなければその生命や機能が損なわれる患者さんを救うといった科学的な医療内容を指し、さらに、国民がそのような医療を受ける際の経済的負担や時間的要素を勘案した総体をさす。

日本の社会制度の問題点と医療の画像

ログインして全文を読む