映画「おくりびと」のアカデミー賞受賞と時を同じくして(偶然でしょうが)、「異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟」が自民党・公明党の衆参国会議員により結成されました。変死体の死因究明制度については民主党がすでに法案を国会に提出しており、また時津風部屋事件等で話題になったことから、与党内でも検討の必要があるとして設立されたものです。私も、個人的な関心に加え、診療関連死の問題をはじめ場合によっては医療界に大きな影響を与えるものと考え、議連に参加しました。

異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟が発足しましたの画像

ログインして全文を読む