現在、日本には6つの国立高度専門医療センターが存在します(がん、循環器病、精神・神経、国際医療、成育医療、長寿医療)。ナショナルセンターとも呼ばれ、特定専門分野の治療、調査・研究、研修を目的とし、各々が病院と研究所を併設します。

ナショナルセンター独法化が確定した今、真の使命の議論を!の画像

ログインして全文を読む