「まさか…」。初めて骨髄移植問題を知った時の率直な感想は、このようなものでした。血液腫瘍の患者さんに対する骨髄移植は、大学の臨床実習でも目にする一般的な治療法です。そのため、日本中の病院で骨髄移植が行えなくなるなど、私には俄かに信じられない話だったのです。

医学生の立場から提案する医療危機対策の画像

ログインして全文を読む