地域の医師不足問題を受け、厚生労働、文部科学両省の臨床研修制度のあり方等に関する検討会が提言案を発表したが、本当に地域医療崩壊や医師不足問題の解決に繋がるのであろうか?そもそも、臨床研修制度は質の高い医師を育成するために始められた制度であり、議論の根本がすり替わってしまっている。当院は人口37000人の過疎地に立地しているが、卒後研修の必修化がスタートする遙か前から、臨床研修病院としてスーパーローテーション方式による研修プログラムを行っており、多くの研修医が集まってきていた。

臨床研修制度検討会の提言を受けての画像

ログインして全文を読む