日本の医療崩壊が進行している。救急体制は崩壊し、安心して医療を受けられない時代になりつつある。今こそ医療崩壊から日本国民を救わなければならない。国に継続的な医療政策は無く、場当たり的な国の医療政策はすぐには変えられない。千葉県も医療に関しては無為無策であり。医療政策が無く、厚労省の2年毎交代人事で目の前のことを場当たり的にやっているに過ぎない。その結果、千葉県は医師が少なく、看護師も少ない医療後進県に成り下がっている。

安心と希望と医療確保の千葉県の画像

ログインして全文を読む