産科医不足、周産期医療の崩壊を目の当たりにして国(厚生労働省)や産科婦人科学会の幹部たちは「分娩施設の集約化」を推奨している。学会のシンポジウムにおいても種々の医療系雑誌における対談でもこのことはもはや既成事実のように扱われ、一次医療機関である有床産科開業医は集約化完成までのワンポイントリリーフ的な立場におかれている。

分娩施設の集約化―周産期医療のグランドデザインを考えるの画像

ログインして全文を読む