2月4日の夜、千葉県鴨川市にある亀田総合病院で行われた掲題シンポジウムに参加した。私が担当する医療訴訟でも研修医の関わる医療事故が増えており、仕事上でも危機感があったし、患者の1人としても大変興味があったからだ。

背筋が凍った東大医学生の「いい医師とは」のキーワードの画像

ログインして全文を読む