1月から産科医療補償制度の運用が始まりました。分娩に関連して脳性麻痺になった赤ちゃんに、医療側の過失の有無によらず3千万円の補償金が支給されます。ところがこの制度、様々な問題が指摘されています(ただし、運営する医療機能評価機構は与党の指示に従ったにすぎず、責任はありません)。

見切り発車の補償制度。周産期医療の再建策を発表しましたの画像

ログインして全文を読む