この合言葉の元に、医師のキャリアパスを考える医学生の会は作られました。作られてから3か月の間に、国立がんセンター院長の土屋了介先生、慶應大学教授の渡辺賢治先生、日本医師会常任理事の内田健夫先生、山形大学医学部長の嘉山孝正先生といった日本の医療のパイオニアとの勉強会を重ねてきました。

医学教育の処方箋―医学生の立場からの画像

ログインして全文を読む