昨年12月20日付の読売新聞で、米バクスター社製の医療器具の不足により今年の3月以降に日本では骨髄移植を受けられない可能性が報じられた。報道に前後して、日本造血細胞移植学会は今後の対応等を相次いで報告。学会が検討している当面の方策は、保険のきかない他社製の器具を個人輸入して使用することである。

ログインして全文を読む