2006年に受診を目的としてアジアを訪れた外国人患者は180万人に達している。安価で迅速な治療を求めて、アメリカやヨーロッパ等の先進国から途上国へと患者が渡航している。

1ドル95円の為替レートのもとで日本の医療は価格競争力を有するの画像

ログインして全文を読む