2008年12月に、パリにあるHospitalisation A Domicile(HAD:在宅入院連盟;Paris)を訪問し、在宅看護師のリクルート担当、看護教育部長ダニエル・マランド氏と看護師長と訪問看護師の採用条件とその教育プログラムについて議論しました。

パリの訪問看護師の採用方法と教育プログラムの画像

ログインして全文を読む