本年10月におこった東京都立墨東病院 妊婦搬送拒否事件をきっかけに、都市部における救急患者搬送体制の脆弱性についての議論が進んでいます。その後、杏林大学事件、札幌未熟児死亡事件が報道され、この問題が深刻であることは国民的なコンセンサスになりました。

妊婦と産科医の不安が解消されなければ、タライ回しはなくならない。の画像

ログインして全文を読む