去る9月30日、千葉県銚子市立総合病院(393床)が閉鎖となりました。産科縮小中の都立墨東病院では、速やかな受け入れができず妊婦さんがお亡くなりになられました。都から公社に移管された荏原病院でも、分娩受入中止が続いています。

公立病院閉鎖が現実に。診療報酬改善の前提は医療側の自律と自治の画像

ログインして全文を読む