2007年は医療崩壊にブレーキがかかるどころか、一層加速化された1年であった。たしかに"医療崩壊"という言葉はそこかしこで耳にするようになった。しかし現実には、言葉がひとり歩きしているとしか考えられない。声を大にして尋ねたい衝動に駆られてばかりの1年であった。

放たれる市場原理主義医療の画像

ログインして全文を読む