近年の医療を取り巻く環境や研修制度の変化により、血液内科を志す若手医師は減少しつつある。大学単位での人材や情報の交流は限られており、特に若手医師が不足する地方では、閉塞状況に陥っている。そこで、今回、私たちは中国四国地区において、若手血液臨床医自らの運営によるネットワークを立ち上げ、「他流試合」を通じて地域単位で血液内科の輪を広げていく試みを行った。

中国四国地区における若手血液臨床医による研鑽・育成の取り組みの画像

ログインして全文を読む