「初回なので私の考えるところを述べる。終末期医療のあり方は国民の関心が高い重要なことだ。これまでに3回の意識調査を行ってきたところだが、平成18年に射水市立病院での人工呼吸器外しが発生したことから尊厳死に関する議論も高まり、平成19年にはガイドラインもできた。

ログインして全文を読む