既知のことではあるが医療崩壊が言われている現在、病院数は9,000を切り(2006年10月時点、 8,943病院)、さらなる医療費抑制政策によって病院数の減少が加速する一方、無床の診療所(開業医)数は増加傾向にある(なお、有床の診療所は減少傾向にある)。

在宅医療への移行は患者を救えるのか?の画像

ログインして全文を読む