過失とは、行為者が客観的な注意義務に違反することをいい、注意義務の内容として結果予見義務、結果回避義務が存するが、民事医療訴訟においては、直截に注意義務違反が存するか否かが争われる。その際、当該医師が負うべき注意義務の基準となるのが、「医療水準」という概念である。

ログインして全文を読む