「薬害の再発防止策の検討では、予算が必要(とりあえず)という結論。予算が取れなかったから薬害が防げなかったという点では一致したということ。では、何の予算が足りなかったのかの話はしたのだろうか」――薬害防止に関して、厚生労働省の審議会(薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会)はこのレベルの議論にとどまっている、それが日本の医薬品行政の現実です。

輸血による薬害の防止策の画像

ログインして全文を読む