この問題の発生の経緯は明らかではないが、1994年(平成6年)5月に発表された法医学会の「医師法第21条の異常死に関する解釈」に端を発するかに思われる。

医療死亡事故死因究明制度の経緯とそれに対する意見の画像

ログインして全文を読む