近年の情報化社会の発展は、様々な分野でグローバル化をもたらしました。医療においても例外ではなく、患者および医療者は容易に海外の情報を手に入れることができるようになっています。特に、日本で未承認であっても近年欧米で承認された抗がん剤のニーズは、年々高まっています。これらの薬剤は医師が薬監証明を厚生労働省に提出し、代行業者などを通じて個人輸入を行い、患者に対して処方することが合法的に可能です。

ボルテゾミブによる肺障害事件を振り返るの画像

ログインして全文を読む