4月に厚生労働省から出された「医療の安全の確保に向けた医療事故による死亡の原因究明・再発防止等の在り方に関する試案−第三次試案−」いわゆる第三次試案への各学会からの声明や意見が続々と発表されています。司法界や医療界、国会の場でさえさまざまな制度不備の指摘や議論をうけ、現場の半数以上の医師が反対を示している試案ですが、学会のお偉方がどのような反応をされるのか、成行きを注目しているところです。

第三次試案への報道論調に危惧を覚えるの画像

ログインして全文を読む