医療安全調査委員会が「重大な過失のある事例その他悪質な事例」を法的にコントロールするためには、組織法・手続法・実体法の整備がなされねばならない。だが、第三次試案の内容では、どれ1つとして完備したものはない。これまで「医療安全調査委員会が果たして医療者への刑事介入をコントロールできるのかどうか?」を検討してきた。私見では、「コントロールできない」と結論付けざるをえないように思う。

医療安全調査委員会は警察の捜査開始と検察の刑事処分を制御できるのかの画像

ログインして全文を読む