医療安全調査委員会が医師を中心として組織されることは、医療の発展のためには決して否定的に考えるべきものではないが、この委員会において、医療事故の過失まで最終的に認定するというのは、如何なものか。過失概念は法的概念であって、医学的概念ではない。医師を中心とする委員会の委員で真の意味の過失概念を法的に理解している人物を多数そろえることはまず不可能であろう。

ログインして全文を読む