昨年10月に厚労省が発表した「診療行為に関連した死亡の死因究明等に在り方に関する試案 第二次試案」に関して、私は強い疑念を抱き、さまざまな場で発言してきた。現場の医師たちの中にもとまどっている人は多い。ここで、これまでの経緯を概括的に述べることで、私なりの意見をまとめておきたい。

ログインして全文を読む