感染症の診断を行うときには、検体を採取し起炎菌を特定するという方法が一般的です。例えば、手術中に腹水が溜まっているのを見つけた場合、それを採取して培養し、腹膜炎かどうかの診断を行おうとします。これは多くの先生方で共通する見解だと思います。

ログインして全文を読む