複雑性尿路感染症の治療で特に重要なのは、原因微生物の絞り込み・同定のプロセスです。腎盂腎炎の場合には、尿路感染そのものによる症状や所見が出にくいことがあります。また、他の感染症や感染症以外の疾患が原因で、腎盂腎炎と同様の臨床像を示すことがあります。この場合、目の前の患者さんが本当に腎盂腎炎であるかどうかは、他の疾患の可能性を明確に除外しないと診断が難しいと思います。この点を、みなさんはどのように対処されているでしょうか。

ログインして全文を読む