「喉が痛い」と訴えて来院した患者に、どのように対処しらたよいのか。「日常診療で診る咽頭痛では、多くの場合で、抗菌薬の処方は必要ない」ということの再認識が、この第1章「上気道感染症」での大きなポイントといえるでしょう。一方で、迅速に抗菌薬を処方しなければならない場合も確かにあります。それをどうやって見つけ、どう治療していくか、それがもうひとつの討論ポイントだと思います。

ログインして全文を読む